スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖闘士星矢LEGEND of SANCTUARY感想

聖闘士星矢のフルCG映画が遂に封切られました。

初日初回に行くと心に決めていたのですが…
ちょっと職場的なアレで3日遅れ…マジで仕事を逃げようかと思ったほどに…休みの申請出してたんだけどなあ…

では、以下感想です。

多大な本編のネタバレを含みます。

続きを読む

スポンサーサイト

聖闘士星矢Ωツイート集Vol.1

先日、2年続いた聖闘士星矢Ωが完結しました。
2年の間ほぼすべてをリアルタイムで視聴して、その場のダダ漏れ感想を書いてきたのですが、なんとなくまとめてみたくなりまして編集しました。

お目汚しですが、ひとりの星矢馬鹿の記録と思って読んでいただけると幸いです。

聖闘士星矢Ω先行上映会

・これから新宿バルト向かう。万感の想いが溢れて既に泣きそうになってる。言葉に出来ない。
・バルト9なう小宇宙燃え上がってきたああああああああああ!!!
・みたところ俺の友達誰もいないっぽい。でも良い!かまわない!
・もう、俺の二十数年の星矢への想いが……既に涙腺やばいっす!
・ああ!誰かと語り明かしたい!
・うわ!ちょう良い席!!!!
・やばい涙出てきた。
・キグナスのヘッドギアくらい持ってくれば良かった……
・心臓の鼓動が……
・なんだろう、ほんとに涙とまんなくなってる。
・おれ、こんなに好きな作品を持てて良かったと思うよ。ほんと。
・では、電源を切ります。また後程。
・今、観終わった。涙はとめどなく流れてくるし、でもそれ以上に嬉しくて嬉しくてたまらなくて、また泣いてしまって、もう、たまらない。
・言葉に出来ない。もう、ほんと、ばかみたいだけど、すきすぎてだめだ。
・たのむ、あのころ、星矢を観ていた人たち、日曜日、みて欲しい。ほんと、それしか言えない。ネタバレなんかいえるわけがない。だからみてほしいよ。
・想うだけで胸が痛くなる位に好きだ。幸せすぎる時間だった。夢より夢みたいだった。
・声優さんのトークとか、笑えるんだけど、時折みんな想い出を語る時に不意打ちで涙腺をやられる。みんな星矢大好きすぎだろ。
・今の若い人たちも20年後に、こうして笑えて泣けて愛せる作品に出会えることを祈るよ。
・これから旧劇場版3作品!鈴置さん、曽我部さん、戸谷さん、天に召された方々の声をまたスクリーンで聴ける。
・中川翔子さんは関わった作品を好きと語ることが良いのではなく、全身からその作品が好きと伝わるところが本当に素敵だ。
・聖闘士星矢天界編の主題歌の歌詞、また始まるストーリー サヨナラは言わないさ 誓いの聖衣纏い もうその通りになった。ありがとう。これからまた20年星矢を!
・では、また落ちます。
・いよいよ、真紅の少年伝説!!! 星矢映画の最高傑作が、また、スクリーンで!観れるのだ!!!!!
・どの星矢映画も子供の頃の記憶が蘇る。映画館に連れて行ってくれたじいちゃん、ばあちゃん、ビデオを借りてきてくれたおじさん。クリスマスや誕生日におもちゃを買ってくれた両親。
・おれの人生の何割かは間違いなく星矢に彩られてた。たぶんこれからもだ!
・夢のような時間もあと一時間くらいか。
・唯一の心残りはこの空間を友達と語り過ごしたかった。
・馬鹿みたいな星矢馬鹿ですまん。でも、もうしょうがないと思ってください。
・星矢と並んで大切なものっておれの人生で数える位しか無いんだよ!
・一応、みんなが起きておれのタイムラインみて呆れられるくらいの覚悟してる。
・さあ、ラストだ。
・あらためて、星矢合わせしてくれた友達に心からの感謝を。
・真紅の少年伝説、やはり素晴らしい作品だった。映像美、演技、演出、脚本、全てが神がかっていた。
・映画館で観るのは実に20年ぶりなのか、全く色褪せていない。今よりもずっとずっと技術や設備が無かった時代に、凄すぎる。
・多分何十回も、ビデオテープがノイズだらけになるくらい観たのに、それでも泣いた。
・明日が楽しみすぎて。たのむ、何度でも書きます。どうか、どんな理由でもいいから、観て欲しい。
・語りたいことが多すぎて、こんな時ツイートは不便だ。いつもは便利なのに、今はただ誰かと言葉で語りたいよ。
・もう電池も残ってないからそろそろおしまいかな。
・最後に、今回感動と想いで何度も泣いたけど、それをはるかに上回るくらい顔が笑顔にもなった。声優さん、スタッフたち(最期に監督が映画館外にいた!素晴らしかったと言えた!) 過去だけなく、未来の星矢に心からの期待ができる!
・作品を心から好きになれるってのは幸せなことだよ。


TV放送前日に新宿バルト9で行われた先行上映会の最中のツイートです。
もう滂沱の涙でたまらんかった。今でも思い返すと涙腺が緩む。
古谷さんと会場で皆が
「燃えろ、俺の小宇宙! ペガサス流星拳!!」
と一緒に叫んだのは一生の思い出。


第1話
2012年4月1日 星矢が救った命! 甦れ聖闘士伝説!

・気持ちは切り替えよう。6時半から30分は全てを忘れて楽しいことだけに集中する。
・はじまった!
・リアルタイム視聴クラスタは何人だ!
・やはり、涙が出る。
・この背中!
・氷河の、背中が!
・だめだ、涙がまたとまらなくなっちゃった。実況、できないよ。、
・ここ、天界編の星矢の療養所だよな…
・来週から実況参加やめよう。今回は先に観たからいいけれど、一瞬も目を離したく無い。
・素晴らしい。
・マルスといえば、2036の選択
・東映はあれだ、「聖闘士星矢VSオールプリキュア」を企画すればよろしい。
・この髪のなびき!
・だめだ、最後の流れ、また泣いてしまった…


地上波初実況。前日に観ていたとはいえやはり泣く。
そして放送中のツイートをやめると即座に決意。

第2話 4月8日 旅立ち! 新世代の聖闘士!
・星矢待機。
・あと5分…
・今週も至福の時間だった。
・シャイナが光牙をかばうシーン、ライトニングボルト、そしてサジタリアスの矢からかばうシーンのオマージュか。
・何だろうこのわくわくは。20年ぶりに、先が本当に分からないストーリーを観ているからなんだろうな。
・それにしても、「聖闘士星矢」の語感のよさは桁外れだと思う。たとえ主役がテンマでも光牙でもアイオリアでも、タイトルは「聖闘士星矢」を入れないとしっくりこない。


2話目から視聴前に『星矢待機』を使うようになった。
ライオネット蒼摩役の小西克之さんはTwitterでも頻繁に星矢ネタを書いてくれてうれしい。
ちなみに1期の間はほぼ全て視聴中に涙を流していることを先に記載しておきます。

第3話 4月15日 仮面の掟! 風の聖闘士現わる!
・星矢待機!
・今週も素晴らしかった。激の語り、彼等の背中で涙か止まらなくなった。
・ああ、毎週俺の知らない新たな星矢を観られる事がこんなにも嬉しいなんて!
・ @kamosuke 彼等の事を語る激、時代を受け継いで行くんだなと。
・同じ作品を、往年の星矢ファンと、新たに星矢を観る人とで違った受け取り方がある。今回とか、まさにそうなんだろうな。
・しかし、今朝もボロ泣きだったなあ。 pic.twitter.com/Yzn6eVS7AqfapTVCIAIRBoz.jpg


ユナ登場回でしたが、見守る檄先生の語りに泣いた回でした。

第4話 4月22日 英雄の息子! 龍峰対光牙!
・星矢待機。
・星矢だ!
・俺もうおかしい…今日の回も涙がぼろぼろ出てきた…おかしい
・わかってんのに…わかってんのにさ…だめだよ泣いちゃうんだよ…
・今、星矢を毎週楽しみに出来るってこんなに幸せなのかよ…


廬山昇龍覇を聞くと天へ召された鈴置さんを思い出します。
劇中では亡くなっていないし、櫻井孝宏さんの紫龍もいるのですが、受け継がれている、という事を噛み締めたというか。

第5話 4月29日 選抜試験! 決死のキャンプに挑め!
・星矢待機!
・今回さえ涙が出てくる俺はもう魂レベルで星矢にそまってることを再確認した。


この頃はレストランと造形工房のダブルワークで、工房泊まり込みの仕事をして朝のこの時間だけ仕事から離脱して視聴。
なのでツイートが少ないですねw

第6話 5月6日 開幕! 聖闘士ファイト!
・さあ、星矢待機だ。
・また今日も至福の時間だった。聖闘士に同じ技は通用しない。まだ未熟ながらもそれを思わせるシーン、そして予告の檄に泣いた。想い出は…想い出は…反則だろ。
・光牙が聖闘士としての道を歩んでいることがたまらなく泣ける。もう俺も彼等主人公達の少年を見守る人たちの気持ちに共感するようになっちまったんだな。ただの試合。だが少年達には全てをぶつける場、見守る大人はそれを見て想いを馳せる。クソ泣ける。
・別に俺も、泣こうと思ってみてるわけじゃないのに、泣くようなシーンじゃないはずなのに、涙が出て来るんだよ…
・しかし、星矢に限ったことではないのだけど、大人が戦隊物や子供の頃の映像の現代リメイク物を見て、「子供はこんなの喜ばない」とか「子供の夢を壊すな」という感想を言うのはどうにも納得いかない。結局は本人の問題なんだからストレートに「自分には合わなかった」でいいと思う。
・子供の頃の作品だって商業や偉い人との兼ね合いは絶対あったし、演じてる人だってもしかしたら当時は嫌がってる人もいたかもしれない。でもそんな事を言い始めたらキリが無い。なら作品を観た自分の感想は自分だけの物で胸張って「面白い」「つまらない」を言うほうが気持ちいい。
・俺は単純にお金払ったり時間使ったりして観たものがつまらないのは損してる気分になるので10個嫌な所があっても1個の良かったところを楽しんで元をとった気持ちになるように勤める。それでも無理な作品もあるにはあるけどw


ちょっと話題が脱線してしまってますね。うろ覚えですが結構なネガティブツイートを見たからだった記憶。
上記のツイートのスタンスで俺は観ているので基本はスルーなのですが、そこはそれ^^;

第7話 5月13日 友の拳! 打て、ペガサス流星拳!
・星矢待機。
・あと五分。
・素晴らしかった。言葉が出ない。ただ、素晴らしかった。涙が
・星矢の大きさ。彼と出会った人々は、皆なにかを感じてる。それが星矢という男なんだろう。みんなの中に、星矢が生きてる。
・だから聖闘士星矢の名が冠されているんだと思う。前史にあたるロストキャンバスすら、そう思う。星矢に至る物語として。
・来週は遂に黄金聖闘士。誰が、何座が、敵か、味方か、このワクワクは子供の時に味わって以来だ。
・だから極力情報は入れない。この三十分を、思い切り味わうために。
・幸せ過ぎる。


光牙の技は初回を除くとここまでペガサス閃光拳だったんですよね。
トーナメントの燃え具合と合わさってテンションが跳ね上がってた記憶。

第8話 5月20日 宿命の出会い! 衝撃の黄金聖闘士!

・星矢待機!
・今週も素晴らしかった。予告、泣かされるだろ、あれ。
・中断されるトーナメント、檄のハンギングベアー、たまらん。
・エクスカリバーはシュラから紫龍へと、そしていつか龍峰へと託されるのだろうか?
・トップが裏切り者と、旧作を観た人に昔を思い出させつつも、まさかの山羊座、ほんとに先がわからないことがこんなにも楽しみだなんて!なんて幸せ!なんて興奮!
・学園長が、強大なマルスと戦う力を育てるために逢えて裏切者の汚名を着て光牙達を鍛えようとしてる展開だと胸熱。


この日は妻の誕生日でロイヤルパークホテルでセレブ気分で観てましたw
黄金聖闘士の圧倒的な強さ、手も足も出ない絶望感はやはり衝撃ですね。
後の流れからいうとイオニアは完全に敵だったわけなので最後の予想は外れでした^^;

第9話 5月27日 聖域の危機! 忍者聖闘士、駆ける!

・星矢待機。
・言葉が出ない。涙だけ出る。
・別に泣こうと思って観てるわけじゃないけど、新たな星矢を心全てで受け止めようとすると涙が止まらなくなるんだ。


あまりツイートしてないですね。
たしかタイムラインは『忍者聖闘士』のフレーズにみんな総ツッコミいれてた記憶が。
基本Ωの時間はツイートしないではなく出来ない場合のみツイート数が減りますw

第10話 6月3日 決死の奪還! もう一人の黄金聖闘士!

・星矢待機
・かつて、友と傷付き戦ってきた星矢が今は若き聖闘士を守る。涙止まらねえ。
・今間違いなくおれの人生の大半はこの時間のために存在してる。
・来週も星矢が待っている。それだけでまた一週間生きていける。
・ほんと星矢Ωにいまの俺は救われてるな。20年近く愛し続けた作品がまた新たな姿になって生まれる。涙も毎回出るよ。
・俺みたいに星矢と名がつくものは全てが好きな人間にとってはもう20年分のご褒美でしかない。旧作も永遠に大好きで更にまた新しい作品も愛せる。こんなに幸せな時間はなかなかないわー。


ちょうど星矢(本人ではなく小宇宙の残滓的な感じでしたが)登場回。作画もあって凄く魅せられましたね。
ミケーネもイオニアと違ってガチの戦闘力的な意味での強さを見せつけてくる回でした。

第11話 6月10日 アリアを守れ! 追跡者ソニアの襲撃!

・さて、星矢待機するかな。
・俺は星矢Ωは「リアルタイム見逃したら死ぬ」位の覚悟をもって毎週待機しておりますキリッ
・聖闘士に同じ技は通用しない。危機に駆けつける。そしてなにより、決して諦めない。まさに聖闘士!
・また一週間生きる力を貰えた。
・先代青銅の彼等の属性はあるのだろうか? 瞬は風、紫龍は水、星矢は光、一輝は炎、氷河は? 水?
・敵も聖闘士同士として相手の力を認める描写があったのが嬉しかった。
・涙もろいわけじゃない。星矢が俺の涙腺を直撃するだけなんだ。世の中には、強く想うだけで涙が出て、胸が熱くなって、言葉にならない位の気持ちが溢れる作品があるんだ!


アリアを連れての旅が始まりますね。
白銀聖闘士の追撃など旧星矢の流れをくむ展開になりつつも割と各キャラが掘り下げられてる感じがするなあと。
そして次回予告のアンドロメダ登場にやはりテンションは上がりました。
(残念ながらネタバレ踏んでしまったので知ってはいたんですが;;)

第12話 6月17日 受け継がれる小宇宙! 伝説の聖闘士、瞬!

・当然の如く星矢待機。
・星矢、襟を正して瞬をまつ。
・神回だった。若きペガサスとドラゴン、共に戦った仲間の後継を命懸けで守る瞬。まさに聖闘士。聖衣がそれに応える。涙で画面が見えなくなる位に泣いてしまった。
・邪神エリスで一輝が言った、小宇宙は聖闘士にとって心だ、まさしくそれを体現するかのよう
・観ている俺たちは、もう感情移入が光牙から、見守る彼等になってしまいましたよね。涙とまりませんでした


アンドロメダ登場。往年のメイン聖闘士登場で号泣した記憶。
しかもこの日は、この時の俺の仕事場(造形工房的なところ)で雇い主の師匠に当たる人も来てて皆で徹夜で仕事をしていたのですが、そんな人がいる中お構いなしにボロボロと泣いてしまいました。

第13話 6月24日 星矢のメッセージ! お前たちに、アテナを託す!

・星矢待機。
・アテナを託す。この言葉の重さはアイオロスからを見ていればこそだよな。傷つき、それでも、後に続くものがいると信じて。
・雪原、師弟、期待した俺は……


『アテナを託す』ただ一言の重みは車田先生見事ですとしか。
OVAではサガ達も星矢に言ってたセリフですが、それらを受け止めた星矢からのメッセージという重み。
古谷さんの声で聴くのはいち視聴者の自分にとっても凄く胸に来ました。

第14話 7月1日 故郷での再会! 雪原の師弟対決!

おれはね、星矢待機してない時間は1週間で30分だけ。星矢を観てる時だけなんだよ。
星矢待機
まさに星矢の魂を受け継ぐ素晴らしい師弟回だった。
市ですら、往年の名言言うとじわっとくる俺は末期。
しかしお師匠はシルエットがどうみてもキュアムーンライトだったし、技のぶつかり合いの構図はキュアムーンライト対ダークプリキュア。
しかしユナが早々に人間ブルドーザーと師弟ものをやってる時点で女子力(笑)
唯一惜しむらくは「我が師パブリーン」という台詞がなかった事か。
ちなみに俺、ここ数回からOPのキャスト公開による内容バレを防ぐためOP前半は目を閉じるという技を身につけた。


師弟対決は不変の熱さ!
最後のツイートのとおりですが、星矢ΩはEDテーマが無いのでOPでキャストも公開されます。
中にはそれで『今回はこいつが出てくるのか』とかになってしまうので、それを防ぐ手段です。
Ωは極力アニメ誌などの情報をいれずに視聴しているので、その延長ですね。

第15話 7月15日 迫る毒牙! 陰謀うずまく第二の遺跡!

・あと30分。2週間の想いを込めて襟を正して待つのぜ。
・もうすぐ!
・市の回想に聖闘士が星矢、紫龍、瞬しかいないのは原作だとまあ氷河は負けたからスルー(笑) そしてなんと市は一輝に本編で会っていないのだ!
・ギャラクシアンウォーズのキグナス戦のオマージュだらけで感涙。
・輝きたかった。ってのは地味に現実に生きる俺たちにもある思いだから単純にコメディ回と言えない切なさもあるよな。
・でもタナトスから星華を命がけで守り抜いた時の市達は文字通りモブだけど最高に輝いてたし当時読んでて泣いたよ。
・やっぱり日曜日は星矢からはじまらないと!!
・やばい、さっきの市は一輝に会ってないツイートが急激にリツイートされてて間違ってたらどうしようと不安になったので記憶をたどる。銀河戦争は一輝出る前に氷河に倒されてるから会ってない…その後は基本会ってないよな…多分。他の人が伝えてない限りは…アニメでは会ってるはずだけど。
#seiya


1週間お休みの後の星矢でした。とは言え予告の「勝敗は顔で決まる」の時点で皆の期待はネタ方面に偏ってた感じかw
市は原作だとほぼキャラ的に掘り下げられていない(というか昔のジャンプ作品はそういう方が多いですけど)のでこういう風に描いていても違和感は無かったですね。
ツイートにもありますけど、主役でありたいと思うときというのは誰しもにあると思うので、コメディ回と分かりつつも少し泣いてしまった回でもあります。

第16話 7月22日 運命の星のもとに! 聖闘士達の生きる道!

聖闘士として生きることと、普通の人達の生き方を語ること、星矢が美穂に語った事とダブって、でも彼等をどんな形でも受け入れる人達がいるってのはじわっとくる。
作画に関しては別に良い。
うおおおおおおとジャミールか!!!!!!!!


通称バイト回と呼ばれる回でした。
作画の粗さもあったのでツイッターの評判的にはイマイチだったのですが、考えてみると原作では日常はどんどん描かれなくなってしまっていったので、こうして彼らが所謂普通の世界に関わるシーンを描いてくれるのはそれはそれで嬉しいんですよね。
星矢がかつて美穂ちゃんに孤児院で語った、青臭くて、でも何よりもまっすぐだった台詞。
今の自分が言うには恥ずかしくなってしまったけれど、素晴らしい言葉だと思ってます。

第17話 7月29日 守るべきもの! 聖衣の修復師と伝説の鉱石!

この回はワンダーフェスティバルと重なっており、自分の仕事を優先したためにリアルタイム視聴を断念しました。
何よりも優先して星矢を観るという事を自分だけでなく、周囲も「樹君は朝絶対に星矢観ろよ」と言ってくれたのですが、
星矢から教えてもらったことは、ここで星矢を観ることではなくて仲間と最後まで頑張ることだと。

第18話 8月5日 復讐の炎! 蒼摩、因縁の闘い!

・徹夜ですか? いいえ、星矢待機です。
・ちなみに先週はワンフェス準備の修羅場真っ只中で星矢は初のリアルタイム視聴を逃しました。仲間はみんな「星矢の時間だけは観ろ」と言ってくれたのだけど、皆が戦っている時間に星矢を観るなど、星矢の心意気の欠片も感じられないので観ないで正解。 内容も正に後で観てじっくりかみしめた。
・ドラゴン対ペルセウス、そしてライブラ・・
・そして一摩の声は星矢で数々の役を演じた古川登志夫さん…素晴らしかった。
・紫龍の声はどうなるのだろうか…
・想いがあふれる回は無条件で涙とまんなくなるな…


ツイートにもあるとおりですが、古川登志男さん出演回でした。
古川さんは星矢では劇場版キャラやタナトスなどボスキャラが多かったので、ここで父親役で出てくるというのは感慨深かったですね。

第19話 8月12日 五老峰の秘密! 継承せよ! 父、紫龍の闘志!

・星矢待機なう!
・星矢、泣いた。
・何気に白銀聖闘士が旧技を使うのはシャイナ以来だな。


この日はコミケがあったので準備等でツイート少な目でしたがペルセウスとの因縁回でした。
玄武は後々味方となりましたが、この時点だと敵に見えてました。というかそうだったのが路線変わったのかなあと思ったりしてます。

第20話 8月19日 アリアのために! エデン、怒りの雷撃!

・星矢待機!
・素晴らしい回だった。静謐と言う言葉がまさにという前半。そして静かながらも激しさと圧倒的な迫力を秘めた戦闘の後半。まさに星矢の真骨頂。涙が止まらない
・予算もスタッフも。おそらくはプリキュアと比べれば少ないであろう中、時折見せてくれるスタッフの方々の全力は心が震える #seiya
・昔のキャラが出てくる度に現行キャラよりも思い出の補正がある分強く感動していたけれど、今回は光牙、エデン、ユナ、アリア、彼等の想いと意地、覚悟に純粋に涙した。まだ1クールと少し、これからも聖闘士星矢Ωと言う作品を応援し続けたいと改めて思わせてくれる回だった。 #seiya
・一輝ポジションと言われてたエデンがこうして見ると黄金聖衣を纏って現れたアイオリアで、光牙が打ちのめされて心を折られるのは真紅の少年伝説の冒頭を感じさせる。全てがオマージュとは思わないけれどこうやって旧作を自然と想起させてくれる辺り俺はΩは星矢のまさに後継と言いたい #seiya
・いちファンとしての応援はBDやグッズを、個人のお金の範囲で買うと言う事でしか製作者様に直接物理的に届けることが出来ないけれど、心より応援しております。 これからも頑張ってくださいませ>スタッフの皆様 #seiya


ここからタグをつけることを覚え始めたようですw
前週の分を取り戻すかのように呟いていますが、エデン襲撃のインパクトは非常に大きかったです。
それまでは基本辛勝とはいえ勝ち進んでいましたが、ここにきて完全敗北ですからね。
レジェンドキャラだけでなく、光牙たちの魅力を改めて見せ付けてくれた回でありました。

第21話 8月26日 とべないペガサス! 喪失からの旅立ち!

・星矢待機
・不意打ち過ぎた、すばらし過ぎた、泣くしか出来なかった……氷河 #seiya
・20年、愛し続けた作品の、一番、いちばん好きなキャラがこんな素晴らしい形で出て来てくれるなんて……幸せ過ぎて言葉に出来ない #seiya
・意識してΩの前情報はいれない様にしてるから、まさか、今日氷河に会えるとは…… #seiya
・涙で画面殆どまともに観れなかった…最高の話で、最高の作画で、ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます
・氷河だけでなく、星矢も、瞬も、紫龍も、そしてきっと一輝も、傷ついていても聖闘士の魂だけは燃え続けている。守る為に、導く為に、たまらない。 #seiya
・まだ感動の余韻が覚めない…


氷河登場回でございました。
これまたツイートのとおりですが、瞬のときと違って完全に不意打ちでの登場で…
最初「こいつ、まさか…」と思って、それからもう涙が止まらなくなってしまい、聖衣を纏った姿とダイヤモンドダストが観れた時には涙でテレビが全く見えなくなっていました。
この日は横に嫁(この時は結婚してませんでしたが)がいたんですが、あまりの号泣っぷりに引いたそうです。

第22話 9月2日 友への思い! 忍びの道と聖闘士の矜持!
・星矢待機
・邪武とは…予想外と言っては失礼か。でも、ほんとに過去作の皆に会えるのは嬉しいな #seiya_
・忍者聖闘士のトンデモ設定ににつっこむ人は過去に機械で聖衣を作ってそれをギリシア星座枠に収めた設定も思い出して欲しいね! #seiya
・アニメではライオネット蛮とユニコーン邪武ってそこそこガチで殴り合いしてたよな。原作だと一コマだけど。はたしてどちらの扱いをするのか! #seiya


自分もネタ的に書いていますが、まさか後々鋼鉄聖闘士があんなことになるとは…思いもよりませんでした。

第23話 9月9日 敵陣突入! 若き聖闘士、再集結!
・星矢待機
・熱いバトル、展開、仲間の集結、どれも素晴らしかったがライオネットボンバーが全てを持って行った。かつての友の技を託した邪武、聖衣を纏わなくなったとしても魂は星矢の姉を命懸けで守った頃のままだった。#seiya
・そういえば手代木先生のロストキャンバスでもユニコーンはハーデスとの戦いの後、聖闘士ではない生き方を選んだんだよな。狙ってやったわけではないのだろうけれど、感慨深い。 #seiya

はい。ライオネットボンバーが持っていった回でした。
Ω先行上映の時に1話が上映されたのですが、1話にはメインキャラは光牙、星矢、アテナ、シャイナ位。
ということで各声優さんに必殺技を叫んでもらうというサプライズがあったのです。
その時に、小西さんは「フレイムデスペラード」を叫ぶ前に「ライオネットボンバー!やった初台詞」と言ってくれるというサービスをしてくれまして…まさか本編でマジで使うとはw

第24話 9月16日 再会を目指して! 行け、最後の遺跡へ!
・星矢待機
・皆が光牙を進めるために敵を受け持つのは劇場版のようだったなあ。何気に鷲座VS鯨座は原作リベンジ(笑) #seiya
・エデンとの決着を着けて欲しかった想いもありつつ、まだこれからの展開がありそうな流れなので期待! #seiya


上記ツイートの前後を見ると徹夜明けそのまま観て力尽きたようです…だからツイート少ないw

第25話 9月23日 未知なる領域! めぐりあいの時!

・星矢待機
・三人のそれぞれの過去との向かい合い方が興味深い。第三者として眺める龍峰、幼い頃のままに語りかけて来るユナ、現在の自身に襲い掛かるハルト、過去をどう捉えているかの違いなのかな。 #seiya
・そして山猫座の聖衣がデルタ星メグレスのゴッドローブに見えた(笑) #seiya
・この姿の俺を攻撃できるのか? はリュムナデス戦を感じて胸が熱くなった!


山猫座って何気に劇場版、エピGと出てるというのが面白いw
ミラポロスは良いキャラだったなーと思うけど、回想だけでの登場に留まってしまいましたね; ちと残念。

第26話 9月30日 追憶と復讐! 闇の遺跡の罠!

・星矢待機
・良い回だった。愛されたいから殺してしまったソニア、愛していたから復讐を誓った蒼摩、どちらも純粋だからこそ選んだ道をよく描いていたなあ。そして蒼摩はそれを1歩超えたところに立った。正に聖闘士。素晴らしい!  #seiya
・そして光牙は闇の属性。 アテナ達が闇を抑えようとしたのか、それとも闇と光は表裏一体なのか。 できれば後者がいいなあ。ジェミニのサガみたいでいいじゃんw   #seiya
・あとは今回の過去編は「他者の過去を観れる」というのも前回との違いか。  #seiya 


ここでの闘いは蒼摩が見事でした。
JOJOのエルメスよろしく全てがそうとは決して思わないのですが、復讐を貫くか、許すかというのは実に思いテーマだと思います。
どちらが正しいでもないのですが、それでも尚、蒼摩は素晴らしかった。

第27話 10月7日 旅の終焉! 少女の光と若者たち!
・ワンセグ星矢待機



この回のツイートはコレだけです。
というのも、この日はコスプレ撮影で神奈川まで早朝から出てまして…
移動の最中にワンセグで見ていたわけですが、待ち合わせの駅につくあたりでクライマックス。
アリアが死んだわけです。もう号泣。友達が待っている場にボロボロ涙を流しながら合流しました。

内容も素晴らしかった。前半クライマックスに相応しい全力の戦い。
アリアというヒロインも演じる能登さんの演技もあって非常に良かったと思います。
星矢という作品の中では少数派である消極的な少女が最後にはこうして皆を照らす光となった。
本当に見事でした。

そして壊れる聖衣はやっぱり燃えますね。
そして『十二宮!』この単語はもう永久不変に聖闘士星矢においてワクワクさせてくれます。

第28話 10月14日 最強の軍団! 黄金聖闘士集結!
星矢待機!
新OP、20年来積み重ねられ続けたペガサス幻想の後を担うにはやはりまだ足りないか。願わくば、あと半年で心に沁みますよう。 #seiya
破損した聖衣のままで白羊宮と言うことは修復か。新生聖衣ではないだろうけど、やはりわくわくする。、 #seiya
懐古だけではなく、新たな楽しさも沢山貰っている。しかし、やはりこのときめきは桁が違う。 黄金十二宮! #seiya


後半クール!総集編的な内容だったのですが、主題歌…ですね。
この歌が悪いとかではなくてやはり最初がペガサス幻想だったのでソルジャードリームを期待してました。
先行上映会のライブでも影山さんが歌ってくれましたし。


第29話 10月21日 新たな闘いの幕開け! 黄金十二宮!

・星矢待機。
・星矢達はアテナを救うために十二宮を進んだ。光牙達はアリアを失い尚アリアの願いを受けて十二宮を進む。その違いが響く。 #seiya_
・貴鬼はまた時を経て十二宮を進む聖闘士達をどう思ったのだろう。背中を追い続けた貴鬼、その彼が今度は若き聖闘士を導く。これが受け継ぐと言う事かと涙が出る。 #seiya_
・Ωをただの焼き直しとは思っていない。でも心に刻み込まれたあの珠玉の十二宮編を忘れられない身にはやはり過去の記憶と照らし合わせてしまう。そんな光牙達はどう十二宮を征くのか、楽しみ過ぎてたまらない。 #seiya


貴鬼回でしたね。
アッペンデックスと言われた子供が黄金の鎧を纏う。
たまりませんよ!
そしてよく見ると聖衣もマイナーチェンジされてるんですよね。所見気づかなかった…不覚。

第30話 10月28日 驚異の実力! 金牛宮の聖闘士!

・星矢待機
・折れない心に燃える! 星矢Ω初の三週バトル! #seiya
・女性のジェミニか。かつての最強の聖闘士、皆のハードルが高いであろう中の意外性に俺は期待が高まる! #seiya
・そしてやはり黄金聖闘士はまさに絶対の強敵であってほしいという願いをハービンジャーは体現してくれてるので大満足。 #seiya


ハービンジャーのキャラは好きですね。
貴鬼と違って完全新キャラですし、ミケーネ、イオニアと控えてはいますが、原作でも最初のバトルを飾った牡牛座。
圧倒的な強さを見せつけてくれるのは気持ちが良かったです。

第31話 11月4日 運命の分岐点! 双児宮の謎!

・星矢待機
・旧十二宮でのラスボスであったジェミニを大胆に女性とした事を評価したい。女性故の怖さや歪みが良いと思う。 #seiya
・そして予告の数秒で漂う蟹座の外道色物雰囲気(笑)はたしてマニゴルドに並ぶか、デスマスクとなるか、それともデストールに! #seiya
・しかし、旧作の十二宮編の一対一の状況の作り方は実に巧みだったのに対し、今回はちと強引かと思ったがこうして同時進行の戦いの様を見れるという点ではありかも。
・また、序盤の強キャラであったミケーネとイオニアが獅子宮と磨羯宮というポジションなのも五番目と十番目とラスボスのマルスまでの節目的にいい配置になるなと。 #seiya
・ミケーネとは因縁的にエデンに戦って欲しくもあるけど、仔獅子座が獅子座に挑むという流れもありか… #seiya
・ジェミニのパラドクス!又の名をひとりでプリキュア(声) #seiya


ジェミニが女性というのはツイートの通り自分的に全肯定するレベルで良かったです。
金牛宮の突破?がちょっと強引に見えるところもあるのですが、これまたツイートの通り、結果的にバトルの同時進行が観れるのは面白いですね。
しかし、原作のバトルの進行のさせ方は神がかってましたね。1本道なのに仲間の離脱、参戦、復帰等々、実に見事だったと思います。
そしてこの時点でネタキャラ?のようにデストールの事を呟いてますが、彼があんなに男前?だとはねえw

第32話 11月11日 真の恐怖! 巨蟹宮に漂う妖気!

星矢待機!
ペガサスとドラゴン、原作でジェミニの迷宮を通り抜けた二人が今度は戦うのか! #seiya
やはり遥か格上に挑み、諦めず立ち上がる熱さはたまらないな! #seiya


この回、というかキャンサーのΩ版聖衣のデザインがかなり好みでした。
エピGやマニゴルドがいるとはいえ、なんとなく蟹座はネタ枠扱いがデフォな気もするのですが、聖衣のデザインはどのシリーズも実に秀逸だと思うんですよね。

第33話 11月18日 小宇宙の真髄! セブンセンシズ!
・星矢待機
・小宇宙の真髄!まさに!まさに星矢!廬山百龍覇がここで……たまらない! #seiya

龍峰がまずはセブンセンシズ覚醒。
…と、いいますか原作ではそこまで『セブンセンシズ』というものを強調はしていない印象なんですよね。
無論勝利の鍵にはなっているんですけど、ブリーチの卍解とかみたく、ビジュアル的にわかりやすいわけでもないですからね。

第34話 11月25日 生死の狭間! 冥界の闘い!
・星矢待機
・聖闘士が覚醒するシーンは時代を超えて素晴らしい!実に素晴らしい!
・花びらときいて沙羅双樹!と瞬間的に思ってしまった(笑) #seiya
・蟹座の流れで書くけど、デスマスクが聖衣に見放されたのって正義ではないからというだけでなく、聖衣の意志さえ抑え込み支配するデスマスクの「力こそ正義」の信条が紫龍の力に圧倒されかけて揺らいだ事が原因ではないかなあと思ってる。 #seiya
・同じ理由でデスマスクが冥王軍にならずシオンに従ったのも、嘆きの壁に現れたのも紫龍がまさに「力こそ正義」の信条通り、生身対生身の真っ向勝負でデスマスクを倒したからこそ紫龍を認めたのだと思ってる。 #seiya
・そいや今回冥界というか黄泉津比良坂が新解釈になってるけど、ハーデス倒してるんだもんな。 #seiya


シラーさん合掌。Ωでも最初の黄金死者は蟹座でありましたか。
光牙の闇覚醒やユナのセブンセンシズなど見せ場は十分で見応えありの回でした。
ツイートはタイムラインの流れだったのか、蟹座語りが長いですねw

第35話 12月2日 獅子の拳! エデン、傷心の闘い!
・星矢待機
・一輝はエスメラルダの死で憎しみを知った。エデンはアリアの死で優しい世界を知った。どちらも根底に愛がある。この王道!まさに星矢! #seiya
・アリアが死の間際に光牙たちに想いを託したときに、ちゃんと、本当に最後の力でエデンにも願いと、そして感謝とを託していた事に涙。 アリアがエデンに心からの笑顔を。戦士が立ち上がる理由は全て揃っただろう!!! #seiya
・ミケーネも立ち位置は全く違えど、強大にして大きな芯と信念を持つという意味では獅子座と言う原作でも大きな存在であった立場を担うに足るのではないかと思っている。 4クールという限られた尺で1人の敵に割ける時間は決まっているかもしれないが、存分にみせて欲しい。#seiya
・エデンって星矢という作品的には一輝ポジションだけど、どっちかというと飛鳥武蔵のイメージに近いと思うなど。 #seiya・そして今回は作画の見事さもやはり素晴らしいと。アリアを失ったエデンの心の揺らぎすらも描き出すかのような筆。 先日荒木伸吾展に行ったからかもしれないが、馬越氏達が素晴らしき先人の後を継ぎ、願わくばまた後に続く人達がそれに続く事を願いたい。#seiya


エデン復活の兆し…というか、十二宮編に突入したといっても、そもそもアリアの死から数時間しかたっていないんですよね^^;
あと、ツイートにある荒木伸吾展『瞳と魂』実に実に素晴らしい展示でした。
初日一番乗りをしたのですが、数々の本人直筆の原画に圧倒されました。

第36話 12月9日 気高きプライド! ミケーネ、王者の拳!
・星矢待機
・もし、誰かを育てる者を師と呼ぶのならば、ミケーネはこの上なく師だと思う。エデンを時をかけ育てあげ、今また二人を敵として。 #seiya
・師として、敵として、そして超えるべき壁として、ミケーネはまさしく黄金聖闘士じゃないか。黄金の誇りと牙、見事! #seiya
・エデンが敵となる事を、間違いと断じるのではなく、それが揺らがぬ意思ならば道を違えたのではなく成長と認める。厳しくも優しい、旧作から続く師弟というものの熱さを存分に感じた回だった。 #seiya


ミケーネとの戦いは蒼摩と栄斗でしたね。エデンとの因縁も期待したのですが、バトル的には大満足でした。

第37話 12月16日 揺るぎなき守護者! 乙女座の黄金聖闘士!

・今夜はこのまま星矢待機なのだわ。
・ここで、ここで…遂にエデンが……ただただ次週を待つ。 #seiya
・今回の処女宮での戦いの序盤戦は旧作を超えたと思った。旧作でシャカの強大さの前に皆倒されるのみだったけど(それもシャカの凄さを示す意味では圧巻だったが)、光牙達の成長、背負ったもの、託されたものを、譲れないものをフドウにぶつける姿。 さあ、エデン!お前も!!! #seiya
・岡田芽武氏のエピソードGでも語られたけど、『カーン』って不動明王のカルラ炎なんだよな。#seiya
自分の星座だからという贔屓目もあるが、乙女座のフドウ、これまでの新黄金聖闘士に並んでも遜色なく良いキャラクターだと思う。 関さんの声も相まって三ツ矢さんのシャカとも違った魅力が素晴らしい。シャカは目を開いて力を解放したが、フドウは明王の通り、怒りで解放するのね。#seiya


自分の星座が乙女座という事もあってやはりバルゴには期待していたのですが、かなりいいキャラで実に良かった。
圧倒的な強さというか、人を超越してるというか、浮世離れしてるイメージが強いバルゴのキャラを関智一さんの演技が実に見事に演じていたと思います。

第38話 12月23日 勇敢なる反逆! エデン、決意の闘志!

・今夜は邪神エリスを観ながら星矢待機
・エデンは決して後悔だけで立っていない。アリアの願いを、祈りを、心に抱いて立っている。まさしく聖闘士!! #seiya
・傷付き、何度倒れても立ち上がる。光牙もエデンも、皆、涙が出る位に、新たな世代の聖闘士だ! #seiya
・しかし、アクエリアスが天秤宮まで降りて来るのは伝統なのか。 #seiya
・星矢は良い。実に良い。ホントにいま俺この時代に生きてて幸せだもん。子供の頃に星矢に出会えて、ロストキャンバス、エピソードG、ネクストディメンション、色んな星矢を読めて、今こうして全く新しい星矢Ωという作品を観られて。 #seiya
・過去を大切にするのはとても嬉しい。ロストキャンバスとかは正にその極致だったと思う。だけど、それだけじゃなく、新しい試みを恐れない事もまた素晴らしいと思う。誰も見た事のない星矢!なんて幸せ!
・ここ最近星矢の映画やらを色々観返しててテンションえらい事になっとる自覚はある。旧作をみて思い出を反芻して、Ωを観て新たな喜びを噛みしめるのだわ!


乙女座戦、エデンの苦戦は当然ながら初めてなのでテンションが上がります。
オリオンズデバステーションは技名としては他がイタリア語だからちょっと違和感w
合わせてこの時は旧作の劇場版とかも観てたようです。どの星矢も大好き!

第39話 1月6日 天秤宮の再会! 激突、黄金対黄金!

・星矢待機
・黄金聖闘士同士の戦いを決めたのは理屈ではなく熱さ!アテナの為に戦う者の力は負けない! 番外の消化試合と予想してしまった自分が恥ずかしい。実に良かった!! #seiya
・栄斗と時貞の因縁も、スルーされずに先に伸ばしたし(そもそも時貞の意思は消えた状態)ライブラの強さを見せた上で足止め。話の組み立てとしてすげーサービスしてもらった気分!! #seiya
・ソニアと蒼摩、迷い続けた者と道を決めた者と、楽しみ過ぎる! 蠍座は氷の棺から蘇った男に続いて炎を纏って再起した男を迎え撃つ訳か。 #seiya
・2週待って本年初Ω、やはり星矢は良い。実に良い。 あと1クール、クライマックスまで見届けるが、果たしてその後俺の日曜日はどうなってしまうのだろうなあ… #seiya
・そういえば玄武の盾の2枚重ねを見てカトキハジメ版のGアーマーを思い出した。………Gold アーマー #seiya
・あと玄武さん、猛虎烈風紫電拳を放つんじゃないかなとドキドキした人はどの位いるんだろう。実は王虎の弟だったと・か… #seiya
・まあ王虎のというか親兄弟死んでる設定だからダメか…実は生きていたとか。…って旧アニメオリジナルキャラにどんだけネタ追加するんだって話ですねすいません。 #seiya
・ソニアが蠍座ならば神話でまさしくオリオンを殺したのは蠍なのだからエデンも絡めて欲しいなと思うなど。 #seiya


新年初Ω!
天秤座の玄武が実に良い車田イズムキャラでした。
ツイートでこれまたネタ的に王虎の事を書いているのですが、2期ならば本当にあったかもしれないなと思えてしまうw
そしてそろそろ番組も終盤に向かっていることを実感し、切なくなっています。2期の報はほんとにうれしかったなあ。

第40話 1月13日 ソニアの覚悟! 因縁の連鎖を断て!

・星矢待機
・今日はこれから外出するので余韻は感じつつも感想は割愛します。涙は流れて止まらなかった。


この日はソニアとの戦いでしたが、哀しさと、それを受け止める蒼摩に泣いた回でした。
ツイートしたい気持ちがあってもツイートできない時間のなさが実に無念。

第41話 1月20日 時貞の野望! 時間の果ての覇者!

・星矢待機
・失ったものは取り戻せないと諦めるのではなく、もう失わないと思う。過去を悔やみ続けるのではなく未来を強く信じると誓う。繰り返す事ができないからこその強さが勝敗を分けた。この熱さを少し冷めて見えた栄斗が見せてくれたからこそ震えた。 #seiya
・そしてこの数時間で妹を、姉を、師を次々と失ったエデン。アモールと戦うのはエデンになるのだろうか… #seiya
・そして作り変えられた十二宮にもアイオロスのメッセージだけは残っていた。それはあの言葉を遺したアイオロスの遺志が消える事なく受け継がれているからこそなのだと思いたい。アイオロスから星矢たちへ、星矢から光牙達へ。 #seiya


時貞は割と我欲のみというか、良くも悪くも『悪役』ポジションなわけで。
そういうキャラも必要だと思うし、逆に昨今多い『敵のバックボーン』がない方がわかりやすく主人公に感情移入できたりもするんですが、それでも白銀聖闘士時代を見てみたいなあと思うキャラではあったりするんですよね。

第42話 1月27日 裏切りの黄金聖闘士! イオニア対光牙!

・働きつつ星矢待機
・アテナしか見なかったイオニアとアテナの見ている世界を共に歩むと誓った聖闘士か。 #seiya
・そしてついにペガサス彗星拳が! かつての原作の十二宮編でサガを倒した技がここで! かつて手も足も出ず及ばなかった相手に放つ! 待ち焦がれた! #seiya
・そして作画が少し残念かと思ったけれど、セブンセンシズ覚醒からの絵の美しさで全て許せた。強さ、美しさ、危うさ、少年特有の空気を感じる見事な作画!! #seiya
・人馬宮で聖闘士が集わなかった事を残念と思ったが、まさかここでアテナ像の元皆が集うとは。短い時間だったが、やはりとても嬉しい。エデンもいて欲しかったとも思うが、まだ完全に打ち解けるには早いのか… #seiya
・あと1クールとなってしまって、何と言ったら良いのか…限られた回の中で描ききれない事や取りこぼす事もあるかとは思うけれど、どうか最後まで全力で走り切って欲しい! そして願わくば2期を!劇場版を! #seiya

イオニアとの戦いに決着ですね。イオニアはあえて逆賊ポジかと思ったが残念ながらアテナへの執着というキャラでしたね。
戦いはできれば2週使ってほしくもありましたが、密度の濃さでまあ良し!というところです。
ペガサス彗星拳の使いどころとしては良い場面でした!

第43話 2月3日 軍神復活! 突入、最後の宮!

・仕事の合間の星矢待機
・仲間がとどめてくれた道を仲間の為に進もうとする。選択が正しいかではなく、熱い。 #seiya
・しかし、双魚宮の作画崩れは20年近くを経ても変わらないのか… #seiya


前後のツイートを見るとこの時も徹夜というか、修羅場の合間の視聴だったようですw
作画ネタツイートに関しては、普段は作画は実はそこまで気にしないというか、美麗なのは褒めるんですが、
基本タダで見てる地上波アニメに関しては必要以上に毎回作画を求めるのは野暮と思っています。
…が、それはそれとして旧作の因縁(笑)的な意味でつぶやいてしまいました。

第44話 2月10日 仲間のために! 光牙に秘められし力!

・今日は、星矢よりも大切なものがあるから、リアルタイムは無し!悔いは無い!
・徹夜の仕事を終えてやっと今週のΩを観た。そしてリアルタイムで観なくて本当に良かったと思った。必死にワンフェスのラストスパートを戦っている友人を横目にして光牙の為に戦う仲間の姿を見たら己が情けなさ過ぎて死ぬところだった。


2度目のリアルタイムリタイアです。
理由も同様でワンダーフェスティバル当日でございました。
ツイートの通り、悔いなどございません。

第45話 2月17日 荒ぶる軍神! マルスとルードヴィグ!
・星矢待機
・マルスも人だった。それも邪神エリスと同じか。人の弱さや脆さは完全な神には無縁だからこそ、そこから生まれる巨大な憎しみも神には無い。それに取り憑くということか。 #seiya
・逆にだからこそ人として生まれる事を選んだアテナは限りない強さと優しさを得る事が出来た、という事でもあるのか。 #seiya
・しかし、20年近く経っても、「教皇の間」という場の緊張感とこれから始まる闘いへの期待は凄い。十二宮、黄金聖闘士という強敵達を抜けて辿り着いた所に待ち受ける者、ドキドキする! #seiya


神と人という対比は星矢作品に限らずそこかしこにあります。
その中でも多いと思うのは「神は完全であり人は不完全」故に人は神の完全さを羨み、神は人の不完全さに興味を持つ。
マルスの人としての姿があまりにも人間過ぎて、マルスとなった時の表情すら見えない姿に悲しみを感じました。

第46話 2月24日 光牙とエデン! 若き小宇宙よ闇を討て!

・もろもろ終わって今とてつもなく眠い。この眠気を乗り越えて明日の朝Ωを観れるのか、試されてる。
・というか見逃したら死ぬから試されるも糞もない。
・星矢待機
・大切な人を失った時、憎しみに呑まれたマルス、エデンは哀しみを越えて立った。この違いは喪った人の事を想うあまりに全てが見えなくなったか、大切だったからこそその人の想いを受け継いだのかなのか。そしてそのエデンの受け継いだアリアの想いががマルスにすら届いた!涙が! #seiya
・エデンが光牙の手をとった時の笑み!仲間を!友を!大切なものを守る聖闘士の顔だ! #seiya
・聖闘士が倒れた時、立ち上がれるのは仲間がいるからだと。聖闘士は何度倒れても良い。また立ち上がれば良い、立ち上がれる勇気をくれる仲間がいるから。その意味では、マルスは決して倒れるわけにはいかなかったのだろうな。倒れたら、二度と立ち上がれないだろうから。 #seiya
・何度倒れても良い、また立ち上がれば良い。立ち上がる勇気をくれるあなた。 奇しくも今のOPと、そして夢旅人の歌詞じゃないか…気づいて自分で泣きそうになった #seiya
・星矢は良い、実に良い! ここ最近Ωは勿論旧TVシリーズやOVAを観返しているし、どの漫画も読むし玩具も買うけど、どのシリーズも本当に魅力たっぷりだ!全部好きだ! #seiya

・マジか…2期決まったか…感無量だ。何が嬉しいって星矢が終わらないことだけじゃない。朝のこの時間、同じ時間に星矢を見る時間を皆と共有できることがすげー嬉しいから、それをまだ続けられることだよ! #seiya
・Ω2期、望むのは影山ヒロノブさんのOP!頼みます! #seiya


エデンとの共闘、個人的にはもっと早い段階で来るのかなと思ってましたが、このクライマックスまで待たされた分テンションは上がりました。
そして2期決定の喜びはもう、言葉にできませんでした。
まだ星矢が観れる!それだけで、うれしくて…

第47話 3月3日 わずかな希望! 新たなる闘いの地!

星矢待機
これまでがどんな形にせよ真っ向勝負だった黄金聖闘士に対し、トリッキーかつ本心すら一切見せないアモールが異色だった。過去を語るとき、こいつもなのか、と思わされただけでも今までの語りが無駄ではなかったと思ってしまった。 #seiya
そして予告の画像の一瞬で燃えた。先達が道を切り開く。それは受け継がれていくのだなと。見送ってきた貴鬼が今度は道を切り開き託す側になるとは…感慨深い。 #seiya
フドウとの戦いの際は皆を不要としたエデンがこうして仲間と共に戦っているだけで先週からもうたまらかったな。 #seiya


ハービンジャーから皆黄金聖闘士が自身の過去を語るのがお約束になってて、アモールも…と思いきやここにきてこいつだけ本心というか、つかみどころが無いキャラでした。

第48話 3月10日 友よ集え! 光牙のみなぎる小宇宙!

・星矢待機
・ここに来て、最後にエデンと光牙が闘う!最初はライバルですらなかった、力の差も、見ているものも全く違って。それが共に聖闘士として並び立つまでになってその末に、また! 共に歩んで来たからではなく、ずっと違う道にいたエデンだからこそ止められると! #seiya
・今まで何度も揺さぶられて、その度に耐えて乗り越えて来た光牙だが、アテナが死ぬ目の前で光景だけは耐えられなかった。どれだけ沙織が大切な存在か、わかった上での一手。今までのメディアの狙いがここにあったと思うとまさしく魔女という感じで見事。 #seiya
・今日のΩ、単にシチュエーションが似てると思っただけで他意はないけれど、ARMSのニューヨーク編の最後に高槻がカツミを殺してしまう絶望と凄く重なった。
・【聖闘士星矢Ω】新生聖衣のデザイン公開 bit.ly/15Dmzw くっ!ネタバレ踏まないつもりだったのに…つい…ていうか声優チョイスが渋すぎる。主題歌は…影山さん…
・星矢Ω新章の新キャラに水島裕さんの名前があったがすげえなこのチョイス。たしか旧作のアスガルド編のシド&バドや邪神エリスではオリオンのジャガーやってたよなー。エデンとダブルオリオンか。 #seiya


魔女メディア、CV榊原良子さんというだけでも非常に自分的ツボでした。実に良いな。
Ω2期の情報も出始めて、まさかの水島裕さんという。はじめは同姓同名の新人さんかと思ってしまいました(失礼)

第49話 3月17日 闇の支配者! アプスの恐怖!

星矢待機
エデンの熱い闘いに震えた前半、星矢を想う友の強さと、メディアの哀しさと母としての優しさに泣いた後半。鳥肌も涙も止まらなかった。これぞ最終決戦!これぞ聖闘士星矢! #seiya
メディアはきっと望むもの総てを手に入れられないと知っている人なのだろうなと思う。総てを手に入れようとはするし、策や企みを巡らせるけれど、それでも本当に大切なもののためならば他を捨てる事ができる。メディアにとって最後に残った大切なものがエデンだったのだろうなと。 #seiya
そして今回は作画や動きも素晴らしかった。無粋な事とは思うけど予算も決して潤沢とはいえないであろう中のまさしく全力が伝わる回だった。 #seiya
後は個人的に大好きな声優さんという事もあるけど、メディアを演じた榊原良子様は実に素晴らしかった。黒幕としての底知れなさ、魔女としての怖さ、支配するものとしての威厳、そして母としての優しさ、その全てを声と演技に込めておられた方だと思う。 #seiya


メディアが散った回ですね。
エデンは本当に多くを失ってしまいますが、メディアの最期はエデンへの愛であふれていたと思っています。

第50話 3月24日 星矢に届け! 若き聖闘士達の願い!

・星矢待機
・新章が決まったとはいえ、今日がひとつのクライマックス。心して待つ。
光牙へサジタリアスの聖衣が!アイオロスが星矢へ。その星矢が光牙へ!この感動はあの頃から星矢を観ていた身としては言葉にできない! #seiya
・だめだ、黄金聖衣を光牙へ着せた瞬間に泣いてしまった。かつて星矢が纏った時はアイオロスは既に逝って、その遺志が星矢を選んだ。だけど今回は闇の耐性ということはあるにせよ星矢が己の意思で、黄金聖衣を、アテナを光牙に頼んだ。今まで自身がアテナを守り続けていたからこそ、重い! #seiya
・光牙達がここに至るまでが「聖闘士星矢Ω」という闘いの物語ならば、星矢と沙織とかつての仲間達が、光牙の闇を払い新たな聖闘士を育てることが「聖闘士星矢」という星矢達の物語の続きなのかも。 #seiya
・人生でこの先何があろうと変わらず一生大好きだと言い切れる作品に出会えたことは幸せだと毎週日曜の朝に思い続けた一年だった。それだけに別れがが怖かった。でも来週で終わりじゃない。俺の他にもΩを好きな人が沢山いて、だから新章が決まったと思うと嬉しくて涙が出てくる。 #seiya
・星矢の鎖を解く光がアリアの姿だった時に、声がなかった。でもきっと星矢はアリアの声は聴こえていたと想う。 #seiya
・星矢Ω新章も一年間と知ってあまりの嬉しさにまた泣いた。1クールが悪いわけじゃない。でも、一年間じっくりと付き合っていける作品が減ったこの時代に、本当に嬉しい! #seiya


星矢復活!
鷲座のユナとの共闘、かつての師の聖衣ですね。と当時ツイートできなかったことをここで書いておきますw
黄金聖衣を纏うという事の特別感は本当にたまりませんね!

第51話 3月31日 輝け光牙! 光と闇の最終決戦!
・あと5時間で星矢Ωのクライマックス。
・星矢待機
・素晴らしかった。ただ、素晴らしかった。 #seiya
・涙が止まらず、終始泣き続けながら観た。 素晴らしかった。 #seiya
・サガを倒したときも、ポセイドンに矢を射れたのも、星華を守ってくれたのも、皆星矢の仲間だった。光牙に小宇宙を託す仲間を。闇を背負った子供が、素晴らしき仲間を持った聖闘士となった。星矢はどれほどの想いだったろうと想像して胸が熱くなった。#seiya
・そして新章が始まる。この時世にすぐに続きが、しかも1年。望外の喜びと言う他は無い。尽力したスタッフの方々、応援していたファンの人たち、みんなの想いなんだと思うと… #seiya
・きっと誰でもない、全員で作り上げた聖闘士星矢Ωなのだろうけれど、それでもまず俺は馬越さんのキャラクターデザインと作画に心からの賛辞を送りたい。荒木伸吾さんの流れを受け継ぎつつも新たな時代の聖闘士を生み出した事に。本当にありがとうございました!#seiya
・2期に当たって、聖衣のオブジェなどを筆頭に無粋な言い方をすれば路線の一部修正などもそれはやむなしと思う。個人的にはオブジェは大好きだし。それでも、「新しい時代の星矢」を生み出すことに挑戦したΩのスタッフの皆様、本当に素晴らしかったです。#seiya
・そして、これこそ俺が言うことじゃないのだけれど、ツイッターという媒体で朝のこの時間に星矢を一緒に観ている人たちがいる事を知れる。それだけで毎週日曜の朝が嬉しくてたまらなかった。 みんなの感想を読むだけでワクワクした。この時代ならではなんだなあと。 #seiya
・BDも買うし、録画も観るけれど、こうして朝の時間にそんなファンの人たちと一緒にいちファンとして同じ時間を共有できる喜びが終わるのが寂しかったけど、また1年、こうして味わえる。皆でテレビを観れる! 幸せ! #seiya
・オタクのまま大人になって、少なからず大人の事情やらも想像できるようになった。サジタリアスが大破したのは新章で新デザインにするからなのかな、と思ったり。でもそれらを全て吹っ飛ばしてまずは全力で最初の30分を無心に1年間ずっと受け止め続けられた。それだけで幸せだった。 #seiya
・語りたい言葉は山のように出てくる。子供の頃からずっとずっと大好きで愛していた作品が今でもこうして生まれている事がこんなにも幸せだなんて。そういう作品を持てただけで自分のオタクとしての人生は最高だと言い切れる気がする。#seiya
・アリアのこととか、書きたいことはまだまだあるんだけどダメだ、言葉よりも想いが言葉に出来なくて… #seiya

・なんか規制食らった……そんなに多くはなかったはずなのに……

・今日のΩをまた見てる。かつて古谷さんがベテラン手前で星矢を最後の主役のつもりでオーディション臨んだ話を聞いたが、光牙も緑川さんで大正解だったと思える演技だなあ。LCのカッキーみたく若手も良いのだけど、演技の間や貯め、勢いだけでない激しさ等等、見事という他ない。 #seiya


Ω1期完結。最高の作画と演技で魅せてもらった!実に素晴らしかったです!
少年漫画の王道の大団円!感動の涙と喜びの笑顔が溢れるED、本当に感無量!

そしてまた次週から新章が始まる喜び、たまらなく幸せ!



まずは1期分です。
多忙なので2期分をすぐにまとめられるかはわかりませんが;;

吉祥寺PARCOでのエデンイベントについて

今週2/12から、『東のエデン』劇中でのリアルな時間がスタートすると言う事で、ツイッターを中心にイベントが企画されており、その中の1つに吉祥寺PARCOのノイタミナショップでのノブレス携帯モック展示があります。

詳細はこちらから

そのノブレス携帯は書かれている通り、当ブログの管理人である僕が製作したノブレス携帯になります。
また、ノイタミナショップのサイトからこちらへのリンクが貼られており、そちら経由でココに来られた方もいるかと思います。

まずはいちファンの自分がこうして曲がりなりにもオフィシャル的な企画に関わる事が出来て、感無量です。
…が、実は僕はこの企画に参加はしていなかったりしますw

と言いますのも、詳しい経緯は聞いていないのですが、僕がコスプレの合わせでノブレス携帯を譲ったエデンファンの友人(既に何度かオフ会幹事も企画している方なのでご縁のある方もいるかも?)達が関わっている企画であり、僕はノブレス携帯というアイテムを提供しただけになります。
(何しろこの企画を知ったのはノイタミナショップの公式報告でした・苦笑)

一応、公式にリンクが貼られておりますので、先にそのことだけ記載させて頂きます。


そしてそれに連なる注意事項?みたいなものを。

◆展示予定のノブレス携帯のモックですがエデンの映画公開時などに、豊洲のエデンカフェなどで展示されていた、NEC製のモックではありません。
『携帯電話』というカテゴリーではなく、『ガレージキット(個人で作るプラモデルの様なもの)』というカテゴリーに分類されるアイテムですので、ボタン操作は勿論、音声機能なども当然ついてはおりませんし、かなりデリケートです。

なので、携帯ショップにあるようなモックアップを想像して現地に行かれる予定の方には予め謝っておきます。
(公式からリンク貼ってもらってるのに、こんな事書いちゃってごめんなさい>< でも誤解はなるべく解いておきたいのです)

◆販売は行いません。
このブログの過去記事にはノブレス携帯販売の文章が書かれておりますが、コレは『ワンダーフェスティバル』というイベント内においてのみ販売の許可を頂いたものであり、今後のノブレス携帯の販売予定はございません。
予めご了承くださいませ。


と、堅苦しくなってしまいましたが、注意事項はこんな感じです。


が、やはりリアルエデンデイズが間もなくとなって、僕自身物凄くワクワクしています。
ノイタミナショップも勿論行きたいですし、豊洲も行きたい、出来るならば滝沢の通ったルートを全てトレースしたいw


エデンファンの皆様、2度とない8日間を心行くまで楽しみましょう!!

ワンフェスお疲れ様でした!

eden1.jpg

『2011年 ワンダーフェスティバル 冬』

無事に終了いたしました。

当ディーラー『アーティファクト』も、好評をいただけまして、ほぼ完売でございました。
(事前予約で、当日いらっしゃらなかった方の分だけ丁度売れ残ると言うw)


残った3個は…その…


自分のコスプレエデン合わせの関係者が持っているノブレス携帯と合わせますと、丁度あと3個あれば12セレソンのノブレス携帯がそろうと言う、まるで『作りなさいよ、ココまで来たら』というメッセージに思えましたので、頑張ってノブレス携帯12台を製作することにします。

そしてお買い上げ下さった方、遊びに来てくださった方、写真を撮って行って下さった方、皆様に感謝を!

中にはノブレス携帯のために遠方から来てくださった方や朝早くから並んでくださった方、WF初参加だった方などいらっしゃって、本当に嬉しくなってしまいました。
そんな方が、これをきっかけにワンフェスと言うイベントを楽しいと思ってくれると、さらに嬉しいです。



本当はもっともっと書きたいことがあるのですが、WF疲れの余韻と言うか、まだエデン関係はやることがあるのでちょっと落ち着くわけには行かなかったりします。

ので、製作レポートなどは後日掲載させて頂きます。

一応ツイッターにて速報ツイートは行っております。

ツイッターID itsuki_0_gami

ノブレス携帯ガレキ製作速報ハッシュタグ #noblessegk


こちらをフォローなどしていただければ。

ノブレス携帯、改修点その1


1つ前の日記のノブレス携帯事前予約枠の受付は終了いたしました。

当選された方には個別にメールを送っております。

当日の販売数も20個近く用意してありますので、前回の感じならば昼位までは大丈夫…かな?

落選した→不参加→売れ残り

のパターンがありそうで実は結構怖かったりします;;;;



そして、本日はノブレス携帯の複製が上がってきましたので、前回からの改修ポイントを画像つきで説明したいと思います。

11011603.jpg

続きを読む

プロフィール

Author:いつき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。