スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッツの肩アーマー

battu-r1-16.jpg

ディシディアファイナルファンタジーのバッツの肩アーマーです。
このブログで最初の衣装フルセットレポートになります。

が、

流石にまとめて全部アップは無理なので個別に。
途中で更新が滞ったりしても単独のレポートとして成立するから大丈夫……だと思います。

では、以下製作レポートです。
09061801.jpg

まずは例によって資料です。
ディシディアは立ち絵の野村イラスト、ゲーム中のポリゴン、ムービーがオフィシャル資料なので必然的にこの中から自分の納得の行く形を選ぶことになります。
(例外として6/17時点でミニフィギュアが出てますが、バッツはいないので…)

09061802.jpg

そして携帯画像ですが肩アーマーのアップ。
個人的にはこういう細かい装飾が入ったものはFRPの方が細かく作れるかなと思うのですが、今回も発泡ポリウレタンに合皮を貼るやり方でやろうと思います。

理由はFRPは匂いやガラス繊維が自室で作業するのに余り適さないことと、ウレタン性のほうが軽いし、持ち運びにさほど気を使わなくて良いからです。

battu-r1-1.jpg

早速型紙です。
最初は本当に大雑把に、ざくざくと切って仕上げます。
細部まで煮詰める事をせず、大まかなサイズ、ダーツの深さ等を決めます。
淵のギザギザの形や模様とかはまだこの時点では無視です。


battu-r1-2.jpg

それがある程度決まったら型紙をばらして、それぞれを新品の工作用紙に転写します。
この状態の型紙が『肩にキレイに収まるダーツ』が入った状態の型紙ということになります。

なのでココから細かなディテールを鉛筆で描いて行きます。

資料をよく確認して、何度も修正します。

そしてそれをまたガムテープで組み立てて肩に合わせてみて、また納得行かない箇所があれば工作用紙に転写して修正します。
特にディテールが追加されると途端にイメージが変わる場合があり、ダーツの深さや位置を変えたりすることも多々あります。

コレを納得行くまで繰り返します。

……と言っても工作用紙とウレタンでは固さも厚さも違うから型紙の段階で完璧になるまで、というのもまた難しいんですが;;
それなりに数をこなしているとその辺の匙加減が感覚で分かったりもするのですが、やっぱりなんとも言えませんw

battu-r1-3.jpg

とりあえず落とし所を見つけて型紙のアウトラインが完成です。
鏡にしっかりと僕の顔がうつりこんでいますが気にしないで下さいwwwwwww

何度も肩に合わせて鏡でチェック。
そしてゲームのキャラクター図鑑とイラストとをひたすらにらめっこです。

そして肩パーツの模様のラインを少しずつ入れていきます。

battu-r1-4.jpg

そして模様のラインが決まる頃にはおそらく鉛筆の線が目いっぱいになっていると思うので、後々自分の決めたラインを間違えないように決定したラインをサインペンで清書して、消しゴムをかけてしまいます。

あまりきれいに引けていませんが、まあ……型紙なので、最低限のラインさえ分かれば(汗

battu-r1-6.jpg

型紙をばらしてウレタンを切ります。
今回は3パーツ構成で仕上げています。

battu-r1-7.jpg

接着が終わったらダーツや継ぎ目の部分に角が立っているのでガスコンロであぶって角をつぶしてゆるいカーブをつけます。
ヤケドに注意して作業してください。

熱加工が終わったら型紙を参考にウレタンにも装飾のラインを入れていきます。
今度は金色の油性マジックを使っています。
別に金色でなくても何でも良いです。分かりやすければ。

で、今回もそんなにきれいには引けていませんが問題ないです。
最低限宝玉の位置、とラインの位置が自分でしっかりと確認できるならOKでしょう。

battu-r1-8.jpg

いよいよ合皮貼りです。
サインペンで引いた線の上にはこの後装飾の金ラインが入ります。
つまり、その部分で合皮を継いでも最終的には見えなくなるということになります。

なのでこんな感じに貼ってしまいました。

分割して貼ることで、こういう半球状のパーツの場合シワが寄ってしまうことがあるのですが、それを防ぐことが出来ます。
また、同じく継がずに1枚でシワ無く貼ろうとするとどうしても合皮を引っ張り、伸ばしながら貼ることとなります。
そうすると今回のウレタンのように(3ミリを使用しています)薄い場合だとウレタンの方が合皮の伸びる力に負けて、歪んでしまうことがあるためです。

battu-r1-9.jpg

装飾の金ラインを貼り始めます。
宝玉はまだこの時点では完全に接着していません。裏に両面テープを貼って仮留めをしているだけです。

この装飾用の金ラインに使っている合皮は1つ前で使った金合皮とは別種の合皮です。

イラストを見ると装飾の部分が1段明るくなって見えているので。
初めは塗装にしようかとも考えましたが、後々剥げる事などを考慮して合皮から変えることにしました。

ちなみに宝玉は全てCOSPA製です。
自作もアリですが、個人レベルの設備で製作するとあまりキレイなものが出来ないのと、最終的に費用も買ってしまったものとトントンになるので……
理想の色が無い場合は透明の宝玉を買って上からクリアカラーを吹き付けています。

battu-r1-10.jpg

イラスト、ゲームを参考に少しずつ金ラインを貼っていきます。
ディテールが増えるにつれてイメージに近づいてくるので面倒ですがとても楽しい作業でした。

battu-r1-11.jpg

ここでこの細い金ラインの作り方を説明します。
肩に引いたラインそのままに型紙を切って合皮を貼って……を行うとエライ手間になる上に、細いパーツなので精度が出しづらいです。

なので画像みたいにウレタンを直線で切ります。
この時にウレタンの両面に予めGボンドを塗って乾かしておくのがポイントです。

メリットは切り出した後で細いラインにちまちまGボンドを塗るよりもずっと楽な事と、ボンドの粘着力のおかげで金属定規をぴたりと当ててずれることなく切り出すことが出来る事です。

このウレタンの細切りも同じものだけでなく、太さの違うものや、先端を尖らせたもの、断面が△になるようにしたもの等、複数の種類を切り出すことで模様が単調にならなくなります。

battu-r1-12.jpg

そうして切り出したウレタンの細切りを肩アーマーに当てて現物合わせで長さを決めていきます。
宝玉の周りを取り囲むような金ラインも、貼り付ける前はこんな感じです。
尚、画像で緩やかにカーブを描いているのは生地に貼るときに最初からカーブをつけておけば、記事を貼った後にカーブをつける場合と比べて合皮にシワが寄らないからです。

battu-r1-13.jpg

そんな感じで徐々に徐々にラインが追加されていきます。
作っている最中も肩に合わせたり、色んな角度から資料と見比べたりして、どこから見ても違和感が無いことを目指します。

この金ラインですが、裏側にGボンドを塗って固定しています。
ただ、片面だけに塗ってもGボンドの効果は薄く、剥がれやすいです。

今回はそれを利用して最初は肩本体にはボンドを塗らず、ラインを貼ってじっくり位置決めをしてOKと判断したら金ラインを一旦はがして肩本体にもボンドを塗り(ラインの幅をはみ出さないように注意しながら)、あらためてがっちり接着しています。

battu-r1-14.jpg

見づらいですが、肩アーマー先端にはビーズ細工がついています。
資料を参考に近い色を揃えて製作。

ビーズ細工には詳しくないのでとても無理矢理です。
テグスにビーズを通す→先端のビーズの穴にエポキシ接着剤を塗ってテグスごと固める。

という手順です。
尚、ビーズは全て浅草橋の貴和で揃えました。
地元から近いという事と、問屋なので安く種類が多いからです。

battu-r1-15.jpg

アーマー裏面です。
金合皮をかなり大雑把に貼ってます;
コレはおそらく装着したときに見えてしまうと思われる部分に貼っているのと、ビーズを通したテグスを一緒に接着することが目的です。

また、アーマー中心あたりにウレタンが貼ってありますが、コレは肩アーマーが広がり気味だったので、裏側からベルト状のウレタンを貼ってテンションをかけるのが目的です。

最後に大型のスナップボタンを打ったウレタンを貼り付けて終了です。



battu-r1-16.jpg

battu-r1-17.jpg


こちらが完成画像です。

今回、装飾の金ラインの配置を1本決めたらまたもう1本、それが終わったらまたもう1本というやり方で作っていたため予め部品を全部組み立てておくことが出来ず、物凄い時間がかかってしまいました。

具体的に言うと背中部分のアーマーも含めて2ヶ月位。

……まあその間に服の型紙をいじったり、靴を作ったりと他の作業もしていたので純粋に2ヶ月かかったわけではないのですが、それでも通常肩アーマー1個作る数倍の手間がかかってしまいましたorz

その苦労に見合った出来と、見た方に思っていただければ良いのですががががががががが……果たして。

尚、説明上肩アーマー単独のレポートですが、実際は肩を作りながら背中とのバランスを確認したり、タンクトップを縫ってチェックしたりと、同時進行で製作しています。
なので先に肩だけ完璧に完成させて次を~と行った作業は行っていません。あしからず。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

いつき

Author:いつき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。